不用品回収の料金については、法律などで決められているわけではないので、業者によって違います。
「大手の業者だから安心できる」とか、「回収料金が安いから何か問題があるのでは?」というよりは、大規模でCM 展開している業者なら広告費もそれなりにかかるため、回収料金は幾分高くなる傾向はあるようです。
逆に、地元密着型の業者で広告費にそれほどお金をかけていない場合は、低料金で回収してもらえる場合もあります。
いずれにしても、ネット上で不用品回収料金の相場を調べ、見積もりを取って検討し、納得のいく業者を選ぶようにしましょう。
この記事では、不用品回収料金の大まかな相場と、不用品回収の流れについてお伝えします。

不用品回収料金の大まかな相場

不用品回収を業者に依頼する場合は、物品の回収料金のほかに人件費や、ガソリン代などが加算されます。
自治体などに不用品を出す場合に比べ、業者に依頼すると約2倍以上はかかります。
しかし、自治体などに不用品を出す場合、大型ごみなどのかさ高い物品は、指定の場所まで運び出しておく必要があります。
体力のない人にとって、タンスやベッド、ソファなどを運ぶのは困難な作業ですが、プロの業者に依頼すると、スムーズな搬出が可能です。

自治体が提示している大まかな回収料金の目安は?

各自治体によって、ゴミ集積所に持ち込めば無料になる場合や、自宅近くの指定の場所に運んでおけば無料になる場合もありますが、有料の場合の例としては次のようになります。
家具類は、高さが135㎝以下だと1,000円くらい、それ以上で180㎝以下なら1,500円くらい、テーブルや机が1,000円くらい、ソファが2000円くらいです。
(自治体によって金額に違いがあるため、詳しくはお問い合わせください)
また、エアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなどは自治体では引き取ってくれませんが、不用品回収を業者に依頼すると、引き取りが可能です。

不用品回収までの流れ

こちらは一般の家庭で出た不用品を回収する当社の場合ですが、次のような流れとプランになります。
①電話かメールで見積もりをとり、納得できれば希望の日時を伝える。
(処分したい不用品をLINEに送信するだけで見積もりが可能です)

②作業当日は、作業前に回収品の確認と料金の確認をする。
(即日対応も可能です)

③作業終了後、問題がなければ現金払いか、後日期日内に振込みをする。
(処分したい不用品をLINEに送信するだけで見積もりが可能です)

料金プランについて

当社では、S、M、L、LLの料金プランがあります。

・Sプランは、荷物は少量だが、1人では処分できないテーブルやタンス等を処分したい方向けで、1R・1Kにお住まいの方におすすめで、価格は29,800円~になります。

・Mプランは、引っ越しや大掃除の際に不要となった家具や家電を処分したい方向けで、1DK・1LDKにお住まいの方におすすめで、価格は59,800円~ます。

・Lプランは、実家の荷物を処分しなけばならなくなった等、個人宅で大きな荷物がある方向けで、2DK・2LDKにお住まいの方におすすめで、価格は89,800円~となります。

他にもLLプランは、オフィスの移転や廃業に伴う不用品の処分などが対象となります。

*依頼する場合は、自分の家の広さや処分するものの量などを把握してから、実際に写真をメールで業者に送ると、積めるはずの荷物がが積めなかったといったトラブルが避けられます。

まとめ

一般の家庭で出た不用品を回収するには、「一般廃棄物処理業許可」が必要になるので、依頼社側は、ホームページなどで確認しておきましょう。
また、見積りをしてもらった結果、金額が折り合わずに断りたいというケースもあると思います。そのような場合でも、断ることが出来るような業者を選ぶのがポイントです。
ホームページなどで自社の内容について記載されている信頼できる業者であれば、見積りの金額に納得できなければ断っても丁寧に応じてくれます。