適当に不用品回収業者を選んでしまうのは危険!

引っ越しや大掃除などで出た、不用品を処分する場合、不要品回収業者を利用するという人が多いでしょう。この不用品回収業者には、色々な業者がいます。すぐに不用品を片付けたいからと言って、適当に不用品回収業者を選んでしまうのは、とても危険です。

実際に、急いでいて業者に回収を依頼して、回収して貰ったら高額な料金を請求された!
という話をよく聞きます。このような悪徳業者被害に、遭わないようにするためにも業者選びは慎重に選びましょう。

許可を得ていない業者には注意!

マンションや一般住宅などの場合には、郵便ポストに「不用品片付けます!」、「不用品を高く買います!」などと書かれているチラシが入っていて利用するというケースが多いようです。しかし、家庭で出た不用品、廃棄物を回収するには、「一般廃棄物処理業許可」が必要になります。もしくは、各市区町村の委託が必要になります。

似たような許可で言うと、「産業廃棄物処理許可」があります。こちらの許可は、一般家庭ではなく企業や工場などから出た廃棄物を処理する際に、必要な許可です。

つまり、一般の家庭で出た不用品を回収することが出来るのは、「一般廃棄物処理業許可」を持っている業者ということになります。許可を得ていない、業者に不用品の回収を依頼するのは避けるのがよいでしょう。

なぜ、無許可の業者に依頼してはいけないのか?

すぐに、来てくれる、安い、きちんと片づけてくれるのなら、許可があるかどうかは関係ないのでは?と考えてしまう人もいるようです。ポストに入っていたチラシに書いてある業者を利用する、空き地などで行われている無料回収に出すなど、無許可の業者を利用するのはなぜいけないのでしょうか?

これは、環境省でも注意喚起をしているのですが、このような無許可の業者を利用するとその不用品を適切に処理しない可能性が非常に高いためです。山や海、その他の空き地などに不法投棄をする、環境対策などを考えずに、不適切な処理を行う。管理が不十分で、火災が発生することがあります。

環境対策を考えずに、処理を行うと有害物質が流れ出し、山や、川、海などを汚染してしまう可能性がありますし、きちんと管理をしなければ家電製品や電池などによって発火してしまうという危険性があるので、許可を得ていない業者に回収を任せるのは非常に危険です。

料金トラブルを防ぐためにはどうする?

不用品回収業者に関するトラブルで、最も多いのが料金に関するトラブルです。チラシなどに、「不用品を無料で回収します!」、「不用品高く買います!」などと書かれていたので、利用したら高額な料金を請求されるなどというトラブルです。

不用品を買ってくれるということで、依頼をしたら運搬費、出張費などの名目で料金を請求されてしまい、結局は損をしたという話もよく聞きます。

料金トラブルを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか?まず、きちんと見積書を作成してくれるかどうか?料金体系が明確であるかどうかが重要なポイントです。また、追加料金の有無についてもしっかりと確認しておきましょう。悪徳な業者の場合、このような見積りを行わずに勝手に作業をして作業終了後に高額な料金を請求することが多いです。

業者が作業に入る前に必ず料金の確認をしておきましょう。また、見積りをしてもらった結果、金額が折り合わずに断りたいというケースもあると思います。そのような場合でも断ることが出来るような業者を選ぶのがポイントです。信頼出来る業者であれば、見積りの金額に納得出来なければ断っても大丈夫です。見積りだけの相談でも快く応じてくれる業者がおすすめです。