ゴミ屋敷を片づける場合は、自分の力でおこなうか、不用品回収業者に依頼するかのどちらかです。
遠方に住む親の家がゴミ屋敷状態だが、仕事の都合などで片づけに行けない場合は、不用品回収業者に依頼すると早く片づきます。
もし、自分で片づけるなら先延ばしにしないで一刻でも早くとりかかりましょう。

ゴミ屋敷の片づけを自分でやる場合の手順

自分でゴミ屋敷を片づける手順は、まずはゴミ回収日のチェックから始めます。
自治体のゴミ回収に出すなら、燃えるゴミや燃えないゴミの分別のほか、資源回収ゴミや、電池などの回収不可能なものまで、細かく分ける必要があります。
また、親の家を片づける場合などは、自分が住んでいる自治体の決まりと違い、細かく仕分けする必要や、指定のゴミ袋でないと回収してくれない自治体もあります。
その他にも、大型ゴミを回収してもらうときや持ち込むときも、事前に連絡をして日時を調べておく必要があります。
親の家を片づけるときはホームページで確認し、もし不明なところがあればメールや電話で問い合わせてから行動しましょう。

ゴミ屋敷の片づけに必要なものと必要なこと

ゴミ屋敷の片づけに必要なものは、マスク、軍手、汗拭きタオル、飲み水、ゴミ袋、ガムテープ、紐、段ボール箱、ゴキブリなど害虫駆除剤などです。
ゴミ屋敷の片づけに必要なことは、ゴミを出すことのみに集中することです。
片づけついでに本棚の整理や模様替えなどをおこなうと、あっという間に時間が経過し、とても一日では片づけることができません。
片づける際には、ほこりを吸わないようにマスクをして、虫などに刺されないように長袖長ズボンで身支度し、スリッパは滑りやすいのでズックで作業をおこないましょう。
ただひたすらゴミの分別をしながらゴミ袋に入れて、マジックで「燃えるゴミ」などと大きく書いておきましょう。
生ごみを出す前日におこなうと悪臭の中で暮らすことが避けられます。

ゴミ屋敷の片づけを自分でやる場合のメリットとデメリット

自分のペースで片付けられるのがメリットですが、もともと片付けるのが苦手でゴミ屋敷になったわけなので、少しずつ片づけていたのではやる気がなくなってしまいます。
また、大型ごみの処分が一人でできないのもデメリットです。

ゴミ屋敷の片づけを不用品回収業者に依頼する場合の手順

不用品回収業者に片付けや掃除を依頼する場合は、見積金額や内容、作業日程などについて確認しておくことが大事です。
その他にも、ハウスクリーニングや家具の模様替え、ゴキブリやハエやダニなどの害虫駆除なども同時に依頼する際は、事前に相談をして価格なども確認しておきましょう。

ゴミ屋敷の片づけを不用品回収業者に依頼するメリットとデメリット

ゴミ屋敷を一刻も早くなんとかしたいなら、不用品回収業者に依頼すると対応が早い上、大型家具を動かす作業も頼めます。
デメリットは費用がかかることですが、自分で片づけていると、途中で挫折しがちです。
業者に依頼すると費用はかかるものの、1日で完璧に片づき、やすらぎと安堵感が得られます。

まとめ

片付けながら整理整頓をするのは、かなりの労力が必要です。
もともと片付けるのが苦手な人がゴミ屋敷を片づけるのは、思っている以上に時間がかかります。
自分で片づける場合は、とにかくゴミを袋に詰めこむことだけに集中します。
この時点で、ゴミの回収を業者に依頼することもできます。
ゴミ屋敷を一刻も早くなんとかしたいなら、業者に依頼するのが一番の近道と言えるでしょう。
「予算はこれだけしかありませんが、ゴミ屋敷の状態から脱出したいのです」と、業者に相談してみるのも一つの方法です。